るろうに剣心 北海道編 1話ネタバレ画バレ&2話最新情報 | 週刊まんがオンライン

週刊まんがオンライン

人気漫画の考察、ランキングなどを最速最新情報の週間マンガONLINE!2chまとめ。

るろうに剣心 北海道編 1話ネタバレ画バレ&2話最新情報

      2017/09/06

るろうに剣心 北海道編 ネタバレ一覧はこちら

るろうに剣心 北海道編 1話ネタバレ2話最新 るろうに剣心 北海道編 1話画バレ2話画バレ確定最新話

・るろうに剣心 北海道編1話確定ネタバレ画バレ
・るろうに剣心 北海道編2話最新情報まとめ

いよいよ始まった「るろうに剣心」最新作!!

懐かしいメンツに、新キャラも続々登場!!

・・・・




るろうに剣心 北海道編 1話 ネタバレ 最新 確定

人斬りの罪を背負った
その男は血塗られた刀を
不殺の逆刃刀に持ち換え

十八年の時を経て、
幕末最強の剣客、

そして”不殺の流浪人”の
新章が開幕する!!

神谷道場

物語は此処から始まる・・・


(神谷活心流道場は
随分と賑やかになりました)

その時、弥彦の怒号が聞こえる。

弥彦
「阿爛!明日郎!!
どこだ!!」


「本当に賑やか」


「どうかしたの 弥彦」

その時、草の茂みから阿爛が登場!

阿爛
「僕は文明開化の申し子!
頭脳と理論で勝利をつかむ!」


「それ!お父さんが書き残した
うちの秘伝書!!
確か仏壇の下の引き出しに?あれ?」

弥彦
「おめー、夫婦の部屋に勝手に・・」

阿爛
「そんな恥知らずな真似はしません」

すると阿爛はコンペイトウを取り出す。

阿爛VS弥彦

阿爛
「僕に稽古なんて不要だと証明して見せます師範代!
いざ勝負!!

神谷活心流奥義 刃止め!!」

あっさりと負けてしまう阿爛。

薫の語り
『紹介します
彼は、井上阿爛君

父親が白人の混血児で
密航未遂の全科一犯

縁あって先日から
住み込みの道場門下生』

『明神弥彦
入門五年目で今や当道場の師範代
強気、生意気、負けん気は相変わらず』

『私の愛息子 緋村剣路
将来は道場の3代目に・・・なるのかな?』

そして・・・


『私の夫で
剣路のお父さん』

剣心
「お、コンペイトウでござるか
拙者にも一粒・・・」

剣路
「ぶー」


『五年前に当道場に流れ着いた
殺さずの流浪人で 色々あって・・』


『逆刃刀を弥彦に譲った今でも
倭杖片手に困窮している人のために
神速の剣、飛天御剣流を振るっています』

その時、燕ちゃんが現れる。


「剣心さん!弥彦君!」

すると、阿爛が前に出て燕をナンパしようとする。


「牛鍋屋赤べこの看板娘
三条燕ちゃん」

剣心
「弥彦のまあ良い人でござるよ」


「た、大変なの!
明日郎君が・・」

赤べこ

明日郎はツケ禁止の看板をみていた。

お金もなく、お腹が空いている明日郎は
赤べこでバイトすることに。

赤べこ店内。

そこに一組のお客が入ってくる。


「注文はねー
ってあー!」

明日郎
「!お前は!
おにぎりの女!」


「覚えてるのソコォ!?」


「あんたここの店員になったの?」

明日郎
「いや、日雇い」


「相変わらず食べるのに忙しいのね」


「邪魔だ
牛鍋二人前と冷酒、とっとと持ってこい」

明日郎
「あいよ」


「ま、お互い
うまく逃げ切れてよかったね

せっかくの新時代なんだから
おいしいもの食べれるといいね」

明日郎
「言われねえでも腹一杯
存分に味わうさ」

赤べこの一室

ばあちゃん
「お前を志々雄一派の下へ派兵に出して以来ですが」


「生きていたなら何故連絡一つも入れねえ?
他の連中は帰還して次の仕事に出張ってるぜ」

旭はお金を稼ぐためだったと。


「だから五年かけて稼いだの
私の”見受け代”しめて二百円」(現在の400万円)

このお金で自由にさせてと頼む旭
「さあ、確かめて!!」

ばあさん
「自分で読んで確かめなさい」


「・・・に、ひゃくえん・・・」


「ちゃんと読めよ バカにしてるのか」


「だって私、二百円って聞いた!」

ばあさん
「人別張に誤記載はありません」


「だって二百円ってーー」

そこへ明日郎が牛鍋を持ってくる。

男は明日郎にこれを読んでみろという

明日郎
「金でもめんなら阿爛呼ぶか
あいつなら頭いいから・・・・」

その時!
男が持っていた扇子で明日郎を吹き飛ばす!

婆さんと男は
勘違いしたり、騙されるのが悪いと説教する。

ばあさん
「着いてきなさい
次は志々雄一派の派兵よりさらに大きな仕事です」


「だから浮かれるなっつーのがわからねえのか!
諦めろ!
文字も読めねえバカッタレに
生き方を選ぶ贅沢なんざ無え!!」

その時、明日郎が背後から!

剣心と薫たちが到着

明日郎は我を忘れて警官隊と衝突していた!

剣心
「弥彦は警官たちに退くよう説いてくれ」

弥彦
「わかった」

剣心
「明日郎は拙者が止めるでござる」

明日郎VS剣心

そして明日郎に近く剣心

その気配に気づいた明日郎は先制攻撃!

それを受け止める剣心!

剣心
「剣を収めるでござる!」

明日郎
「俺は悪くねえ
捕まってたまるか!」

剣心と交えた明日郎の刀から火を噴く!

弥彦
「明日郎!剣心!」

阿爛
「刃から日が出た!手品?からくり?」


「今のは・・・」

弥彦
「ああ・・話でしか聞いてねえが間違いねえ」


(剣心 最大最強の宿敵 炎を統べる悪鬼
志々雄真実の使った技)

剣心
「弥彦 逆刃刀を拙者に」

剣心に迫る明日郎!

阿爛
「よせ!明日郎!」

弥彦
「受け取れ剣心!!」

飛天御剣流ーー

双竜

神谷道場

気を失っていた明日郎が目覚める。

明日郎はかなり痛がっている。

阿爛
「剣心さんたちが警察に頭を下げて
もう一回掛け合ってくれた
さすがに3度目はないって
また悪太郎に戻りたいのか?」

明日郎
「・・・」

阿爛
「ごめんなさいは?」

明日郎
「ゴメンナサイ」

阿爛
「ありがとうは?」

明日郎
「・・・」

もめ出す二人。

明日郎
「おい!刀!
俺の刀はどこだ!?」

剣士がさっと刀を差し出す。

薫と旭たちがやってくる

警察との話が終わって戻ってきたようだ。


「久保田旭ちゃん
彼女も今日から神谷道場の仲間よ」


「ありがとうございまーす!」

弥彦
「俺は反対したんだけどな
そいつ自身の出自を頑なにあかせねえ」

その時、
明日郎は思い出したかのように
「あ、そうだ
こいつ読み書きできねーんだ」

阿爛に教えてくれるようにお願いする。

阿爛
「お安い御用さ」


(・・だって誰も教えてくれなかった
教えてくれなかった・・)

子供は寝静まり
剣心、薫、弥彦

薫は警察から旭の所持品かと思っていた品を持っていたが
旭のものではなかったようだ。

どうやら二人組にものだと推測する。

考えてもラチがあかないってことで中身を見てみる三人。

中からは一枚の写真が

弥彦
「なんだただの写真か、いや、変といえば変だな
みろよ剣心、このおっさんの変な顔」

剣心
「顔はともかく風景と肖像が一緒の写真とは珍しいでござるな。
大方、写真が珍しくて撮影中に割り込んだのでござろう
愉快な御仁でござるよ薫殿」

写真を薫に手渡す剣心

剣心
「おろ?」

弥彦
「嘘だろ!?『お父さん』!?」

裏には

明治十六年 春
北海道 函館
神谷越路郎

剣心
(南の戦地で死んだ男が
北の大地で生きている・・

しかしそれなら何故ここに帰ってこない?
いや、帰ってこれない何かが・・)

涙を流す薫
「お父さん・・生きている・・お父さん」

剣心
(詮索は後でいい・・)

剣心
「義父上
越路郎殿がご存命とあらば
拙者も是非ともご挨拶せねば」


「うん
お父さんに剣心と剣路を合わせたい!」

同日同時刻 北海道 函館県

函館八幡宮

警官隊が整列している

「我々は夜明けと同時に作戦を開始する!」

しかし、一同はこの招集に違和感を感じていた。

目標は函館山山頂に陣取る逆賊!

斎藤
「たった一人とはねーー」

生死は問はず必ず排除せよ!!

北に轟く新たな脅威!!

以下 るろうに剣心 北海道編 ネタバレ 2話 に続く



るろうに剣心 北海道編 2話 ネタバレ情報まとめ

新着情報入り次第随時更新予定!

るろうに剣心 北海道編 ネタバレ一覧はこちら

 - るろうに剣心 北海道編